読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YOUもやっちゃいなよ!

気づいたらオタクだった。いつの間にか好きだった。

お兄ちゃんにしたいジャニーズ5選

ジャニーズ

お兄ちゃんが欲しい

 

私は常々、お兄ちゃんが欲しいお兄ちゃんが欲しいと言い続けた。自分が一番上だというわけでもないが、お兄ちゃんがいる子が羨ましい。まあ、とにかくお兄ちゃんが欲しくてしょうがないわけだが、メンクイなもので、お兄ちゃんにしてもやはりイケメンにかぎる。と、いうことで、お兄ちゃんにしたいジャニーズを選んでみた。願望とイメージと妄想をすべて詰め込んでいます。悪しからず。

 

 

 

 

第五位 中間淳太(ジャニーズWEST)

ただただ金持ちだからランクイン(語弊)。『なぁ、淳太ぁ』って呼べば、間髪入れずに「お兄ちゃんって言え!」って怒られる。重岡くんと一緒にイタズラしたい。重岡くんがいなくてもイタズラしたい。怒られても懲りずにやります。ごめんね、淳太(笑)。淳太くんは、なんでも買ってくれそう。あ、いや間違えた。あれ買ってとおねだりしても、「嫌や」と即断られる。が、後日おねだりしたことも忘れたころに机の上にそっと置いてあるパターン。結局買ってくれてる優しいお兄ちゃん。買い物してるときにやけてんのかな?なんだよ、イケメンかよ!イケメンだよ!ありがとう!お兄ちゃん!!!

 

 

第四位 橋本良亮(A.B.C-Z)
完全に橋本担の姉の影響である。姉は橋本くんと結婚したいらしいから、うまくいけば義理の兄である (いくわけないけど)。一緒にドーナツ食べたい。ホワホワした時間を過ごしたい。ショッピングしたい。近くのショッピングモールに行って、お洋服の選び合い。「こっちの方がいいかな〜」「いや、こっちかな〜」ってブツブツひとり言いう良亮お兄ちゃん、癒しだね!ある程度お買い物したら、某ドーナツ屋さんで休憩。良亮お兄ちゃんのセレクトはストロベリーリング。いちご系。「口ついてる」って言ってくれるけど、自分もついてる。癒しだね!
 
 
 
 
第三位 田中樹(ジャニーズJr.)

五人兄弟の四男である彼が、妹にはどんな姿を見せるのか、かなり気になるところ。まあ、ここは妄想の世界に飛び立とうではないか!!樹は妹にデレデレであってほしい。かつ、兄の特権を乱用してそう。ちなみに妹ちゃんはお兄ちゃんみんな呼び捨て。放課後、いきなり樹から電話かかってきて出てみると「レッスン着忘れたから持ってきて」と言うだけ言ってすぐ切っちゃうやつ。しぶしぶ持って行くと、ちゃんと入口で待ってくれてる。立ち姿イケメン、絶対。そして一緒に帰るだろと当たり前のように言われて、レッスン見学して、あれ、樹ってこんなキラキラしてんだってびっくりする。普段の樹と全然違うからうまく喋れなくて、メンバーとお喋りしてたら「さっさと帰んぞ」ってヤキモチ焼いちゃう田中樹(兄)ください。お願いします(切実)

 

 

第二位 重岡大毅(ジャニーズWEST)

イタズラとウザ絡みを軽くあしらいたい。度が過ぎたときは妹ちゃんも〝小僧〟呼び。彼自身が、妹がいたらめっちゃ甘やかすと言っていたので、存分に甘やかしてください。極度のシスコンでもいい、だってカッコイイから!!『お兄ちゃん、遊びに行ってくるね』って言えば間髪入れずに「誰と行くん??」って必ず聞いてくる。「ま、まさか、男か!?」って、まだ何にも言ってません。ちなみに、電車は乗れません。だってお兄ちゃんが乗せてくれないから。いつもは待ち合わせ場所までお兄ちゃんの軽自動車で送って貰います。こりゃ彼氏できた時大変やな。「待って、〇〇に彼氏できたら俺どないしよ…」って頭抱えるしげちゃん可愛くない!?!?しげちゃんだったら禁断の果実食べてもいいよ…?

 

 

第一位 安井謙太郎(ジャニーズJr.)

あれ、まって、もう完成度高くない??安井先輩が一人っ子とか信じられないんですけど!!世の中どうなってんだ!まあ、冗談はさておき(笑)、謙にいには毎朝起こしてほしい。「ほら、起きて!」って布団をゆさゆさして、でもそれでも起きないから、布団ひっぺがえす。しぶしぶ準備して、外に出ると、車を準備して待ってる謙にいがいて学校に送ってもらう。ってのをほぼ毎日繰り返すから、学校で有名人な謙にい。ファン多し。帰り、土砂降りの雨で、謙にいにそっこー電話する。迎えに来てって言ったら「コンビニで傘買えよー」って嫌そうに言いつつも駅に迎えに来てくれる。たぶん頼りて喜んでる。車の中、めっちゃ香水のいい匂いしそう。てか、絶対するよね、甘い匂いのやつ。今のところ助手席は妹ちゃんしか乗ってないらしい。あれ、安井先輩免許持ってたっけ?どうだっけ、あ、持ってなかったらお兄ちゃんになる日までにとってくださーい(一生こない)。

 

 

 

 

まとめ

甘えたさが全面にでた妄想(と願望)だった。上位三つは自担と元自担である。そう、出来レース。いや、私の好きな基準がお兄ちゃんにしたい人なのかもしれない。

 

はあ楽しい!妄想って楽しいよね!!でも現実みたときつらいよね!!笑うしかないよね!!

お兄ちゃんほしいな!!!! 

 

 

 

終わり。

 

 

 

 

 

 

気づいたらオタクだった

ジャニーズ ジャニーズJr. 乃木坂46 ジャニーズWEST

 

 

気づいたらオタクだった。

 

 

オタクだった。そう、オタク。何年も前の私だったら考えられなかったことだ。

オタクのイメージは、ダサい服にずり落ちたメガネ、運動も勉強もそんなにできなさそうな人。漫画に出てくるようなイメージそのままである。つまり私の印象は最悪。そんなオタクに私はなったのだ。もちろん、ダサい服は着てないつもりだし、メガネもかけていない。勉強や運動だって人並みにはできる、ごく普通の女の子である。

最悪のイメージを持っていたのにも関わらず、気づいたらオタクになっていたのである。わお!なんたることだ!

 

 

 

 

 

そもそもオタクって?

 

先ほどから連呼しているオタクとはそもそも何なのか?辞書で調べてみた。

 

おたくオタクヲタク)とは、1970年代[1]日本で誕生した呼称であり大衆文化愛好者を指す。元来は漫画アニメアイドルSF特撮パソコンコンピュータゲームクイズ模型鉄道格闘技などの、なかでも嗜好性の強い趣味玩具、の愛好者の一部が二人称として「お宅」と呼び合っていたことを揶揄する意味から派生した術語で、バブル景気期に一般的に知られはじめた。その頃は「お宅族」、「オタッキー」、「オタッカー」と呼ばれた。明確な定義があるわけではなく、現在はより広い領域のファンを包括しており、その実態は一様ではない。

 

親愛なるウィキペディア様だと少し難しい気もするが、要は自分の好きなこと(もの)に没頭する人、とでも言っておこうか。

〇〇オタクの場合は、〇〇が大好きすぎる人ということか。なるほど、そのままじゃん。

 

 

 

 

私の場合、ジャニーズオタク(通称ジャニオタ)と、乃木坂46オタク(通称乃木オタ)の二つのオタクをやっているのだが、この場合、〝兼オタ〟というらしい。オタクを兼任する。なるほど、これまたそのままじゃん。

 

 

オタク用語はいったい誰が考えているんだ...。今では当たり前に使われている〝魂〟という言葉。コンサートといういう意味なんだが、初めて目にしたときはかなり驚愕した。「え、なにこれ...。タ、マシイ...?タマシイって何?え、なにこれ?誰か亡くなったの?」と、これまたジャニオタである姉に聞いたことがある。教えてもらった時の私の言葉は確か、「なんじゃそりゃ!若い子の言葉はわからん!」だった気がする。おばさんみたいな反応だが、この時の私は中学生である。ぴちぴちのJCである。...昔からばばくさいとは言わないで(汗)

 

今でもオタク用語はわからないでいる。難しい!なんなんだ!!誰か、辞書作って...。

 

 

 

 

 

ここまでオタクについて書いてきたが、結局何が言いたいか。私はオタクだ。ただそれだけである。わー、なんて簡単!オタク万歳!オタクわっしょい!!

 

 

 

 

 

閲覧ありがとうございました。